勉強会とかの懇親会の飲食物はネットで注文するのが○。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

WebサービスAPI勉強会
急にイベントのお手伝いとかで懇親会の飲食物を注文することになった場合、
こんな具合に対応するとよいかも知れません。

ネットから注文して会場まで配達してもらったほうがラクですから。
参加者の人数にもよるでしょうけれど、5~30人くらいの人数であれば、
まずはピザ、そして、ジュース・お酒とかも頼むことになるかと思います。

私の場合は、ざっくりと以下のような感じで注文しています。
※東京都内でのイベントの場合です。

  1. 注文するためのアカウントを作っておく

    ドミノ・ピザ【PC向けサイト】←ピザ←飲み物

  2. 配達先情報を事前に登録しておく

    会場の所在地情報(配達先情報)をそれぞれのアカウントに登録しておきます。
    WebサービスAPI勉強会の場合、
    マルチメディアスクールWAVE新宿本校を使わせていただいています。
    ドミノ・ピザ、カクヤスともに、
    この会場から一番近い店舗を事前に登録しておくことが重要です。
    ドミノ・ピザですと、西新宿店カクヤスも、西新宿店

  3. 事前に調達しておく

    紙コップ、ウエットティッシュ、ごみ袋を100円ショップなどで調達し、
    当日、会場に持ち込む。
    なるべくコストをかけずに済むように、
    安く調達できるものは配達してもらうのではなく、
    事前に買って持参することも重要です。

  4. 会費の徴収

    WebサービスAPI勉強会の場合、
    13時頃から受付がはじまるのですが、
    受付の際に懇親会に参加されるかどうかを確認し、
    参加される方からはその場で1000円をいただきます。

  5. 注文するための試行錯誤

    13:30からワークショップがはじまるのですが、
    その裏で、人数とピザと飲み物のバランスを試行錯誤しつつ、
    それぞれのWebベージから注文できる状態にします。たとえば、
    懇親会に10名が参加となった場合、合計で1万円となるわけです。
    が、3で調達しておいたモノの費用も含めて、
    1万円内になるように調整します。
    (そうしないと赤字を背負い込むことになってしまいますので。。。)
    ここでもたつくと、ワークショップへの参加が遅れてしまうので、
    サッサとやっちゃいましょう。

  6. 注文!

    懇親会が18時スタートとなる場合、
    ピザは18:00〜18:15に届くように指定、
    飲み物は17:00〜18:00に届くように指定。

 

以上のような流れで私はやっています。

一度やっておけば、次回以降は3あるは4からの処理で済むようになります。

お世話になっている勉強会などで、
何かしらの協力をしたいと思ったなら、
技術スキルが足りなかったとして
こういったことのお手伝いならできるのではないでしょうか。

 

  

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

F-07Cを受け取ったけど、いじっている時間がない。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

するぷろを試してみた。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

Posted from するぷろ for iOS.

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

水戸市シンハラ

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

mito-shinhala

今となっては「シンハラ」と言えば、スリランカの言葉である「シンハラ語」を連想するようになった私だが、シンハラ語に出会う前の私にとってのシンハラとは「水戸市新原」という水戸市の地名を連想していた。

「新原」は「にいはら」ではなく「しんはら」で正しいのだ。

水戸市新原

位置的には上記のような場所にあり、茨城大学(いばだい)の近くでもある。
その昔、スリランカのお坊さんがこのあたりに住んで仏法を広めるようなことがあったのかどうかはさっぱりわからない。

しかしながら、この水戸市新原の近くに、今はコジコジというスリランカ料理店が存在するようだ

http://www.cojicoji-mito.com/

水戸にシンハラという土地があることを知っての立地だったのか、それとも、偶然であるのか、そういうこともまったくわからないが、何かの機会に行ってみたい気もする。

 

  

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

誤解が誤解を呼ぶ「黄門まつり」*「ミス黄門」

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

mitochan

私は茨城県水戸市出身だ。高校までは水戸で過ごした。
水戸納豆の、水戸黄門の、水戸だ。
大学に進学して、日本の様々な都道府県の連中と出会ったときに、自己紹介がてら、お国自慢というか、地元の話をするのだが、そこであらぬ誤解を受けるというか、おかしなキャラとして誤解されていくシーンに幾度と無く遭遇した。

水戸の夏祭りは「黄門まつり」と言い、水戸の夏の美人コンテストは「ミス黄門」と言う。
こうやって文字で書けば問題ないのだが、音声、つまり、口だけで説明しようとすると、「どんだけ変態なんだよ!」と思われてしまうのだ。
水戸出身の者にとって、「こうもん」と言えば「徳川光圀」を意味する。
が、地元を離れると、「こうもん」とは言えば「肛門」だったんですね。。。
ちなみに水戸では「肛門」のことは「けつめど」と言います。

水戸出身ではない人にとっては、「けつめどまつり」とか「ミスけつめど」と解釈されていたわけですな。。。

日本には確かに男根が練り歩くような奇祭も存在しますけれど、たぶん、そういうのの肛門版であると解釈し、どんどん妄想が膨らんでいってしまうんでしょうね。
ミス肛門については、「顔じゃなくて、肛門で選んでんのかよ! どこの変態向けAVだよ!」みたいに思われちゃうわけですね。
ついでに「偕楽園」の話をすると、「快楽園」と脳内変換されちゃったりするわけで。。。

水戸というか茨城は、2013年になっても日本で唯一テレビ局がない県ですし、陸の孤島みたいというか、独特であるということは、私の性格にも影響を与えている点は確かにあるとは思いますが。。。

 
 

YouTube Preview Image

 

ハァー むかし黄門さんが云われたそうな
諸国隅々廻ってみたが
水戸ほどよいとこなかっぺなかっぺ
まことまったくそうだっぺ
ハー ヨイサカ チョコサイ ヤッサイサイ

ハァー 春は水戸から偕楽園の
清いかをりに咲く魁(さきがけ)の
白梅紅梅よかっぺよかっぺ
まこと鶯そうだっぺ
ハー ヨイサカ チョコサイ ヤッサイサイ

ハァー 文武両道に床しさ添えて
四季をいろどるあの花どころ
一夜じゃ帰る気なかっぺなかっぺ
まこと来て見てそうだっぺ
ハー ヨイサカ チョコサイ ヤッサイサイ

ハァー 水戸のあの娘は紅梅むすめ
うぶでやさしい蕾の花よ
我が家に咲くならよかっぺよかっぺ
まこと気になるそうだっぺ
ハー ヨイサカ チョコサイ ヤッサイサイ

ハァー 助さん格さん云われたそうな
水戸は天下の男の出どこ
女は美人でよかっぺよかっぺ
まことほんとにそうだっぺ
ハー ヨイサカ チョコサイ ヤッサイサイ

 
 

YouTube Preview Image

春が来たよと偕楽園の
梅にうぐいすホーホケキョ
杉の木立を好文亭へ
語り尽きない吐玉泉(とぎょくせん)
ごきげん水戸さん
ごきげん水戸さん 幸せさん

夏は千波(せんば)に柳が揺れて
そっと溶け合う影二つ
紅をほんのりさすすいれんの
花も水鳥 愛の宿
ごきげん水戸さん
ごきげん水戸さん 幸せさん

秋にや黄金の落ち葉がキラリ
つもる想いの銀杏坂
願いかけましょあの桜山
肩を並べた常盤台
ごきげん水戸さん
ごきげん水戸さん 幸せさん

冬の木枯らし負けられません
胸に流れる武士かたぎ
お国自慢の黄門さまの
声が生きてる三の丸
ごきげん水戸さん
ごきげん水戸さん 幸せさん

 
 

  

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this