Category Archives: 未分類

スカイマイル JTB トラベルバウチャーは2週間で届きました。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

 

旅行クーポン券

私はデルタ航空がノースウエスト航空だった頃、よく、サイパンに行ってました。
ダイビングをしに。

しかし、仕事の関係などで、
ダイビングをしないようになってから
マイルは貯まるけれど使う時間がなくなりました。
飛行機に乗ることはあっても、
デルタ航空のマイルは利用できなかったりして。。。

どうにか有効活用できないかと思い調べてみたところ、
1年間に1回だけ、JTBの旅行クーポン券3万円分にし、
それの利用は家族に譲ることもできるということを知り、
早速、その準備を始めました。

Webから手続きをしたところ、
2週間で旅行クーポン券は届きました。
簡易書留で届きました。

これからこれらを実家に送付します。
委任状も含んだ上で。

うまく使ってもらいたいですな。

 

なお、以下にこのクーポン券の利用規約を転記しました。

[ご利用規約]

  • クーポン券はJTBグループ各販売店(JTB、JTBトラベルランド、PTSトラベルナビ等)でご利用いただけます。
  • クーポン券は、「エースJTB」および国内の募集型企画旅行にご利用いただけます。
  • クーポン券は原則クーポンにお名前が記載されているご本人(スカイマイルメダリオン会員もしくはスカイマイル提携クレジットカード保有者)が旅行される場合に利用できますが、ご本人以外の方のご旅行にも利用できます。クーポン券をご利用の際のお支払い時には必ずこのクーポンにお名前が記載されているご本人が来店ください。万が一、会員ご本人が来店できない場合は、配偶者または二親等までのご家族(会員ご本人の父母、子、祖父母、孫、兄弟または姉妹)*が代理で来店いただくことができます。ただし、クーポン券のほかに、代理人の写真付き身分証明書と、会員の委任状(様式は問いません)をご持参いただくことが必要です。また、店頭にてクーポン券表面に代理人のご署名をしていただきます。
  • クーポン券の有効期限はお申込受付日から6ヵ月です。クーポン券の表面に有効期限が記載されております。クーポン券表面の期日までにご旅行を出発していただく必要があります。それ以降にご出発の旅行にはご利用いただけませんのでご注意ください。
  • クーポン券ご利用の際、つり銭のお返しはいたしません。また、旅行費用が券面金額を超える場合は、その超過分をお支払いください。
  • クーポン券はキャンセル料にはご利用いただけません。
  • クーポン券はマイルへの交換・返却はできません。
  • クーポン券は盗難・紛失による再発行をいたしません。
  • デルタ航空スカイマイルに関しては、スカイマイルプログラムの全てのご利用規約が適用されます。規約は、Delta.com/memberguideにてご確認いただけます。
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

勉強会とかの懇親会の飲食物はネットで注文するのが○。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

WebサービスAPI勉強会
急にイベントのお手伝いとかで懇親会の飲食物を注文することになった場合、
こんな具合に対応するとよいかも知れません。

ネットから注文して会場まで配達してもらったほうがラクですから。
参加者の人数にもよるでしょうけれど、5~30人くらいの人数であれば、
まずはピザ、そして、ジュース・お酒とかも頼むことになるかと思います。

私の場合は、ざっくりと以下のような感じで注文しています。
※東京都内でのイベントの場合です。

  1. 注文するためのアカウントを作っておく

    ドミノ・ピザ【PC向けサイト】←ピザ←飲み物

  2. 配達先情報を事前に登録しておく

    会場の所在地情報(配達先情報)をそれぞれのアカウントに登録しておきます。
    WebサービスAPI勉強会の場合、
    マルチメディアスクールWAVE新宿本校を使わせていただいています。
    ドミノ・ピザ、カクヤスともに、
    この会場から一番近い店舗を事前に登録しておくことが重要です。
    ドミノ・ピザですと、西新宿店カクヤスも、西新宿店

  3. 事前に調達しておく

    紙コップ、ウエットティッシュ、ごみ袋を100円ショップなどで調達し、
    当日、会場に持ち込む。
    なるべくコストをかけずに済むように、
    安く調達できるものは配達してもらうのではなく、
    事前に買って持参することも重要です。

  4. 会費の徴収

    WebサービスAPI勉強会の場合、
    13時頃から受付がはじまるのですが、
    受付の際に懇親会に参加されるかどうかを確認し、
    参加される方からはその場で1000円をいただきます。

  5. 注文するための試行錯誤

    13:30からワークショップがはじまるのですが、
    その裏で、人数とピザと飲み物のバランスを試行錯誤しつつ、
    それぞれのWebベージから注文できる状態にします。たとえば、
    懇親会に10名が参加となった場合、合計で1万円となるわけです。
    が、3で調達しておいたモノの費用も含めて、
    1万円内になるように調整します。
    (そうしないと赤字を背負い込むことになってしまいますので。。。)
    ここでもたつくと、ワークショップへの参加が遅れてしまうので、
    サッサとやっちゃいましょう。

  6. 注文!

    懇親会が18時スタートとなる場合、
    ピザは18:00〜18:15に届くように指定、
    飲み物は17:00〜18:00に届くように指定。

 

以上のような流れで私はやっています。

一度やっておけば、次回以降は3あるは4からの処理で済むようになります。

お世話になっている勉強会などで、
何かしらの協力をしたいと思ったなら、
技術スキルが足りなかったとして
こういったことのお手伝いならできるのではないでしょうか。

 

  

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this