勉強会とかの懇親会の飲食物はネットで注文するのが○。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

WebサービスAPI勉強会
急にイベントのお手伝いとかで懇親会の飲食物を注文することになった場合、
こんな具合に対応するとよいかも知れません。

ネットから注文して会場まで配達してもらったほうがラクですから。
参加者の人数にもよるでしょうけれど、5~30人くらいの人数であれば、
まずはピザ、そして、ジュース・お酒とかも頼むことになるかと思います。

私の場合は、ざっくりと以下のような感じで注文しています。
※東京都内でのイベントの場合です。

  1. 注文するためのアカウントを作っておく

    ドミノ・ピザ【PC向けサイト】←ピザ←飲み物

  2. 配達先情報を事前に登録しておく

    会場の所在地情報(配達先情報)をそれぞれのアカウントに登録しておきます。
    WebサービスAPI勉強会の場合、
    マルチメディアスクールWAVE新宿本校を使わせていただいています。
    ドミノ・ピザ、カクヤスともに、
    この会場から一番近い店舗を事前に登録しておくことが重要です。
    ドミノ・ピザですと、西新宿店カクヤスも、西新宿店

  3. 事前に調達しておく

    紙コップ、ウエットティッシュ、ごみ袋を100円ショップなどで調達し、
    当日、会場に持ち込む。
    なるべくコストをかけずに済むように、
    安く調達できるものは配達してもらうのではなく、
    事前に買って持参することも重要です。

  4. 会費の徴収

    WebサービスAPI勉強会の場合、
    13時頃から受付がはじまるのですが、
    受付の際に懇親会に参加されるかどうかを確認し、
    参加される方からはその場で1000円をいただきます。

  5. 注文するための試行錯誤

    13:30からワークショップがはじまるのですが、
    その裏で、人数とピザと飲み物のバランスを試行錯誤しつつ、
    それぞれのWebベージから注文できる状態にします。たとえば、
    懇親会に10名が参加となった場合、合計で1万円となるわけです。
    が、3で調達しておいたモノの費用も含めて、
    1万円内になるように調整します。
    (そうしないと赤字を背負い込むことになってしまいますので。。。)
    ここでもたつくと、ワークショップへの参加が遅れてしまうので、
    サッサとやっちゃいましょう。

  6. 注文!

    懇親会が18時スタートとなる場合、
    ピザは18:00〜18:15に届くように指定、
    飲み物は17:00〜18:00に届くように指定。

 

以上のような流れで私はやっています。

一度やっておけば、次回以降は3あるは4からの処理で済むようになります。

お世話になっている勉強会などで、
何かしらの協力をしたいと思ったなら、
技術スキルが足りなかったとして
こういったことのお手伝いならできるのではないでしょうか。

 

  

Related posts:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
email this

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です